CONTRACT DEVELOPMENT

日新システムズの受託開発

システム系やコア系市場において幅広く、ハードウェア上のOSポーティングやドライバ開発から各種OS、
ミドルウェア実装、アプリケーション開発まで、お客様のご要望に応じた開発を承ります。

  • アプリケーション開発

    APPLICATION

    • 道路/ビル/水処理監視制御
    • 半導体制御装置
    • 産業ロボット制御
    • マルチメディア
    • ルータ
    • デジタル情報家電機器開発
    • EMS
    • リモートメンテナンスシステム
  • ミドルウェア開発

    MIDDLEWARE

    • 基盤ソフトウェア開発
    • ワイヤレスLAN環境構築
    • 組込みGUI開発
    • 産業用プロトコル開発
  • プラットフォーム開発

    PLATFORM

    • ポーティング開発
    • デバイスドライバ開発
    • プラットフォーム移植技術
    • 最新CPU搭載時

PERFORMANCE

開発実績

ミドルウェアやOS、デバイスドライバなど、日新システムズの実績の一部をご紹介いたします。

ミドルウェア開発実績

プロトコル
  • ECHONET Lite / IEC 61850
  • Wi-SUN / Bluetooth , ZigBee など
  • TCP / UDP / IP , 6LowPAN
  • UPnP , HTTP , SSL/SSH
  • 産業ネットワーク(EtherNet/IP , EtherCAT , Modbus/TCP , OPC , OPC UA , PROFINET ,FL-net , CC-Link , BACNet , LONWORKS ,CAN など)
ファイルシステム
  • FAT / exFAT / JFFS2 など
エミュレータ
  • TRON EMULATOR(Linux上)

対応CPUボード/OSの実績

OS <リアルタイムOS> VxWorks / μITRON / T-Kernel
<組込みOS> Linux / Android / iOS
CPU Renesas(RX63、H8、SH系)ARM , Intel(MultiCore) , PowerPC , ColdFire , mbed , NXP(Arduino)など

開発例 -デバイスドライバ

OS Linux μITRON OSレス
CPU
  • ARM
  • PPC
  • MIPS
  • SH
  • ColdFireV2
  • Ubicom32
  • ARM
  • SH
  • MC12311
ドライバ RTC

I2C

LCD

GPIO

FLASH-SPI

EEPROM

USB(クライアント)

USB(ホスト)

NOR Flash

NAND Flash

無線LANモジュール

UART

SDカード

Ethernet

シリアル
(232C、422、485)

EFFORT

受託開発における各種取組み

お客様に高品質なシステムを納品するため、日新システムズではさまざまな取組みを行っております。

受託開発手法

プロジェクトの規模に応じて適切な人員配置と開発スタイルで対応します。

  • プロジェクトマネージャを中心としたプロジェクト管理チームにて開発
  • 品質保証部と連携をとり、品質分析や成果物の管理
  • プロジェクト規模が大きい場合は、サブシステムごとに複数の小チームに分割しリーダが管理

仕様分析

仕様の不明点および、曖昧な箇所があれば(オンサイトでの作業も行いながら)明確にします。
目的からアプローチした提案を積極的に行い、コストパフォーマンスの良いシステムを構築します。
必要に応じて、プロトタイプを作成し、お客様との認識ずれを防止します。

品質確保

  • 開発の各フェーズごとに移行レビューを実施し、次工程への着手可否を判断(否の場合には是正策を講じ、悪い品質を次フェーズに持ち越しません)
  • 品質保証部と連携し工程毎に成果物や各種結果を分析することで、常に高い品質を確保
  • 試験工程においては、設計書に基づく機能確認項目の設定および、非機能試験項目の設定を行うことで試験漏れをなくす
  • 機能安全への取組み

安全な製品やシステムを開発するための管理や手法を定めた国際規格「IEC 61508」があります。また、各アプリケーション市場毎にIECやISOで規格化されシステムの機能安全が必要な時代になってきています。
弊社ではこの規格で定められているプロセスや手法、安全分析と対策を開発の中に取り込むことで、製品やシステムの安全を確保し、さらに品質を向上させる取組みを行っています。主にソフトウェアの開発にポイントを置きながら、安全分析、安全設計、開発プロセス定義と実行、ドキュメント整備を行うことにより製品やシステムの安全性と高い品質(不具合を無くす)を確保することに日々取組んでいます。

製品の性能や機能などの情報を整理・管理するプロセスである「構成管理」は、情報システムなどの複雑なシステムを管理するために使用されており、弊社では構成管理ツールを利用することでシステマチックに管理を行い、要求に対する機能や試験の漏れを無くすことで高品質なシステムを提供しています。

ロスの防止

課題/問題を早期検出してロスの防止を行います。生産性や品質を常に向上させるためにプロセスを絶えず見直します。

  • 影響度
  • 再利用性
  • 障害発生状況
  • 開発環境

OTHER SOLUTIONS

他のソリューションを見る